社内SE 求人 転職

社内SEとして転職して失敗しがちな例

開発SE、SIerとして働いている方で、社内SEに興味を持っている、社内SEの求人を探している方は多いですね。ただし、

「社内SEだと締め切り間際の徹夜もないし、クライアントのムチャ振りもないから楽そう」

というだけで社内SEに転職をしたいと思っているのなら少し危険です。想像していた仕事と現実とのギャップに悩むことになるかもしれません。

社内SEの業務に含まれるものには、大きく2つあります。

  (1)社内のITシステムの開発やメンテ
  (2)社内のIT関連のヘルプデスク

SIerだった人などは(1)の業務は好きなのですが、(2)の業務についてはモチベーションが下がる人がほとんどです。しかし会社によっては(2)の業務量が多く、自分の業務が中断されることもしばしば。。。自分以外にPCに詳しい人がいない会社だと『私はPCの便利屋かよ‥‥』と思ってしまうことも。

挙句の果てに、質問してきた社員を見下す態度が顔に出たため社内での人間関係が悪くなり、その会社で働き続けられなくなってしまうという例もあります。

社内SEの求人を探して満足行く転職をするために

社内SEの位置付けについては、社内SEの求人を出している会社によって異なります。だから社内SEの求人を探すのであれば、どのような業務を期待されているのかをチェックすることはとても重要なことです。例えば、

・社内の基幹システム関連の業務の割合
・ヘルプデスク業務の割合
・社内SEとして働いている社員の数
・社内のITリテラシーの高さ

などはできれば転職を決める前に知っておきたいですよね。

ただしこれは、社内SEの求人票を見るだけではなかなか分かりません。(そこまで詳しく載せていないことが多いです)

一番確実なのは、求人先の担当者と直接話をして得た情報、求人を出している会社に足を運んで得た感覚などです。とはいえ、個人の転職活動でそこまで出来る人もいません。

そこで利用すると良いのが、転職支援サイトのコンサルタントです。

転職サイトは民間の求人紹介サービスですが、一般の求人サイトとは異なり、満足できる転職をするために利用者一人ひとりに応じたサポートを提供しています。

転職支援サイトでは、担当者が求人先に足を運んで情報を仕入れており、生の情報を多く持っています。そしてサイトに登録すると転職コンサルタントが専任でつき、各エンジニアのスキルや長所短所を見極めた上で、希望に沿った求人を探してもらえるのです。

転職支援サイトは、企業からの紹介料で運営されているので、無料で利用することができます。費用を請求されることは一切ありませんし、転職を強要されることもありません。

社内SEとしての転職に興味があれば試しに利用してみてはどうでしょうか。今すぐ転職する気がなくても、コンサルタントに相談して社内SEの求人についての情報を入手だけでも価値はあると思いますよ。



TOP PAGE