社内SE 兼務

社内SEと他の仕事を兼務する場合に注意

社内SEというとどのようなイメージを浮かべるでしょうか。社内に情報システム部などの社内SEが働く部門が独立しており、そこの部に所属して働くようなイメージでしょうかね。

大きな会社だと、社内SEが働く情報システム部のような部をもっていることも多いのですが、中小企業だとそこまでの組織は持っていないことが多いです。

その場合は別の部に属して、社内のシステムに問題が合った場合だけ社内SEとして働くというスタイル等になります。属する部門は、総務部門であったり、技術部門であったりさまざまです。

システム関連とは別の部の社員として働くということは、情報システム以外の部の仕事も行うということになります。

総務部であれば、総務・庶務の業務、また技術部門であれば、その技術部が抱えている業務をいくらか任されることになるでしょう。

社内SEとして求人はだしているものの、上記のような勤務形態となっている場合もあります。その、他の部の業務が向いてれば問題ないですが、そうでない場合は、仕事が苦痛になる場合もあります。
例えば、社内SEの兼営業部として働く場合、営業関連の電話を処理することもあり得ます。外部のお客さんと接したり、注文の連絡を受けたりするのが苦手な人もいるでしょう。

社内SEの求人を探す際にはこうした情報にも注意を払う必要があります。

転職支援サイトのコンサルタントにお願いすれば、このあたりの情報のチェックももれなく行なってもらえます。



TOP PAGE