SI-erでのSEはプロジェクトのキーマン

SI-erでのSEはプロジェクトのキーマン

SI-erで働くエンジニアとして世間から見たイメージとして一番近いのがSE、システムエンジニアではないでしょうか。
プロジェクトの中でのSEの役割は極めて重要で、SEの働きいかんによってプロジェクトの成否が決まるといっても過言ではありません。
もちろん、SEの元で働くプログラマーやプロジェクトの取りまとめとなるPMの役割も重要であることは言うまでもありませんが。

SEはプロジェクトにおける実質的なキーマンだと言えます。システムの全体設計、システムの要件ごとの個別の設計、それにかかわるプログラミングの設計など、システム設計における全体から個別までを管理しているのがSEとなるのです。
場合によっては、クライアントとの交渉を元に新たな要件をまとめたり提案することもあります。

SI-erによってはSEの中でもサブ・リーダーを設けて管理するところもあります。スキルの幅や成長の幅も広いのがSEと言えます。

ただし業務範囲が広く、プロジェクトの成否に大きく左右される分、プロジェクトによっては負担も大きくなります。プロジェクトマネージャーがある程度しっかりしていれば、エンジニアのスキルをみて仕事を割り振ることができますが、PMがきちんと機能していなければいたずらに仕事が多くなり、最悪、自分のスキルを超えた業務も任されてしまうかもしれません。もちろん、プロジェクト如何によっては、責任もついて回ります。

プロジェクトとそのPMも確認して仕事を請け負うかどうかを決める必要があるということです。



TOP PAGE