SIerで働くエンジニアのキャリアについて

SIerで働くエンジニアのキャリアについて

SI-erの中で実際にシステム開発をするエンジニアは大きく3つの役割に分類されます。

(1)プログラマー(Programmer/PG)
(2)システムエンジニア(System Engineer/SE)
(3)プロジェクトマネージャー(Project Manager/PM)

です。プロジェクトによっては、PMをサポートするPMOが設置されることも有ります。

プログラマーは、要件が規定され、仕様が定められた後に実際にプログラミングを行います。プログラマーがどの部分まで受け持つかはプロジェクトによって異なりますし、プログラマのスキルによっても(上級PG、下級PGなど)異なってきます。
システムエンジニアは、プロジェクトに対して、具体的な要件の定義、システムの概要設計から具体的な設計を行います。場合によっては顧客との折衝の場に出席して直接話をする場合もあります。
プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを統括する立場となり、プロジェクトの予算管理、スケジュール管理、人員配置を行います。必要に応じて外部ベンダーとの契約の管理も行います。

一般的に、待遇は一般的に、PM>SE>プログラマーとなります。併せて、会社的な責任の重さについても、PM>SE>プログラマーとなります。

キャリアの観点からプログラマーからPMを目指すのが良いのか、自分の適性を重視するのが良いのかは人によって異なりますので、一概には言えないところがありますね。



TOP PAGE